スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりなにかあった 

思わぬ展開で完全に意表をつかれました。


授業を受けながら、プレゼンのためなにもしてなかった課題を写そうとするが、所持している人間が学校に来ていないため、焦る。

ところが講師が提出日を延期。
まあ、よかったと残念という気持ちが半々。



その授業が終わってからすぐ、人を待つ。
日本語を見て欲しいという前日からの約束。

が、いくら待っても来ず。

さらに別のノートを借りようと、約束した人も来ず。

どうやらその人たちが参加する授業は先生が来ないとかで、休みだとか。


たまたまなにも知らずに来ていた別の人からノートを借りてコピーする。



その後すぐに図書館に行き、プレゼンの打ち合わせ。

自分も含めて3人しかいないのに、1人はお腹が痛いからこない可能性があるという。

PPTを最終チェックして、文章を修正していると腹痛人間がやってくる。

時間も来て、いざ本番。







教室にやってくると、先に4人のネイティブが前に立っていた。

気が早いなーと思ってしばらくしていると先生も来て、プレゼン開始。


おお、さすがネイティブ、うまい!
オープニングのひきつけもばっちり。
さて、気になるトピックは?




同じだよorz



終わった。

その後絶望的な気分で聞いていても、出来の良さは圧巻。
ほかに2グループプレゼンするも最初のこれが格別なのは明白。
ただでさえこっちは英語でプレゼンは辛いというのにこれは無理です。

時間いっぱいになったというのもあるが、この日に同じトピックでプレゼンするのはもはや自殺行為なので、木曜日にすることに。

頼むからもう同じトピック選んでいるグループ出てきませんように。




てなわけで、果たされた当初の目標は、ノートをコピーするということだけ。

この日にすべて終わらせる意気込みをすべて挫けさせられたのでなんだか拍子抜けです。



そして家に帰ると、いきなりハウスメイトの一人がトランクを引っ張っていた。

ええ、なにしてんの?

と聞くと、本国に帰るとか。

なんて急な…


かなりびびってしまってましたが、最後に話してくれました。

父が危篤だとか…


うへぇ。


友人も5月に本国に帰って、手術をするとか。


みなさん、健康は重要ですよー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinity51.blog83.fc2.com/tb.php/99-80252fb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。