スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる意味 

ペルソナ3ついにクリア!

長かった。
そして面白かった。
さらに感動した。



テーマは「絆」と「生きる意味」




“命”に対しての“生きる”であるから、機械であるアイギスの存在はかなり特別な意味を持っていたと思います。

実際、元ヒロインの座を奪っての新ヒロインですからね。




このゲームはアイギスのためにある!





とか言いたかったのですが、ほかの要素も良すぎるためそうも言えないのです。


たくさんの台詞一つ一つに重みがあり、考えさせられるのはなにもメインキャラクターだけではありません。

町の人一人一人でも人生を感じられるものや、共感を得られるものもあり、どんどん変化していきます。



思えば本当に初期の頃はそこそこレベルしか楽しめませんでした。

コミュがあまり発生していなく生活が単調になりやすいのが原因だったのですが、それも少しすると加速度的に面白くなっていきましたよ。


いろんな形の関係のコミュに、多種多様なペルソナの作成。

個人的には余命いくばくも無い青年のコミュが良かった。


久しぶりにRPGをクリアできたのですが、大満足でしたね。



最終戦力としてはメタトロン、ヴィシュヌといったところ。
メンバーはアイギス、美鶴先輩、真田と迷った天田少年。
ペルソナ図鑑は87%。


そしてインド神話に興味を持ち、さらにアルカナにも興味を持つようになりましたよ。





フェス?

やるに決まってるじゃないですか。



毎回アイギスと話すたびに思っていたアイギスコミュの追加要望。

後日談では主人公に格上げのアイギス。



やらないわけにはいかない。
というか元々よかったアイギスが、EDを終えてさらによくなりました。



でもまた無からやるのはちょっと面倒な気がしますので、引継ぎがあってほしいですね。











というかそもそもなんでペルソナ3を買おうと思ったんだっけ(ぇ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinity51.blog83.fc2.com/tb.php/42-1e769543

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。