スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険はいつも君のそばにあるよ 

朝お風呂に入り終え、いざ体を拭こうとすると……





ない……







タオルがどこにもない。



ご存知、こっちの洗面所は、バスルームも、トイレもすべて一体型。

つまり洗面所の中にないってことはリビング。




リビングへのドアを少しだけ開ける。


で。



キョロキョロ。



あった!

いつも洗面所の中にあり、タオルをかけていた、ローラー付きハンガーかけがリビングの離れた位置に移動されいた。

別の人の服もかけられている横で、タオルは僕を待っていた。





よし、今しかない。




リビングへ飛び出す。


全裸で。





ハウスメイトの部屋の前を横切る。


緊張の一瞬だ。



そのハウスメイトはいつも、何の突拍子もなくドアを開けられるから困る。




もしここで開けられたらどうなるか。



相手は女性である。


「キャーーーーーーーー!変態よーーー!」


焦る自分。

「ち、違う。これはタオ…」


「キャーーーーーー!変態!出て行ってよ変態!」

彼女は耳を全く貸さない。


その声を聴きつけ、別の部屋からもハウスメイトが出てくる。


「キャーーーーーー!痴漢よ痴漢!」


「なに裸でうろついてんのよこの変質者!」


女性三人が悲鳴を上げる。









終わった……







ララァ…僕には帰れる場所がなくなってしまったんだ…











なんてことにならないように祈りつつ、無事にタオルをキャッチ!










ダッシュで洗面所へ戻る。











ミッションクリア。

システム哨戒モード解除します。







やれやれだぜ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinity51.blog83.fc2.com/tb.php/26-2100a847

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。