スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘なる結局 

また遊戯王GXデュエルモンスターズタッグフォースをやっております。

PSPで一番やってるのはおそらくこのゲームではないかと実感。


カード総数はなんと2400種類以上。
このボリュームは結構すごいことなんですよ。

作れるデッキはマジでキリがありません。


というかカードすら把握しきれませんw








にしてもゲームでカードゲームをやるのはなかなかいいものですね。

ずいぶんとやったのに、今のところの自分の所持カード種類は1700枚ほど。
それでも所持枚数的には12000枚近く。

さてこれをリアルでカード集めるとなると……


とんでもない額になりますね!


でも、ゲームでやれば、かかる料金はソフト分のみ。

まあ、自分はisoもらっただけなので、実質無料w



対人戦もリアル以上に遊びやすい。

ダメージ計算や能力修正などもゲーム内で勝手にやってくれます。

ルールや計算の仕方もリアルだとどうすればいいんだ?ってこともゲームではそういうのは一切なく、カードを使ってれば自然と仕組みや効果がわかってきます。

相手のカードを奪ったり、自分の墓地に捨てたとき、リアルだとゲーム終了後混同しやすいのに対して、これは当然自動調整。

さらに、デッキから特定のカードを探して取り出すような作業も、リアルだと探したり、シャッフルしたりとなかなか時間がかかりますが、ゲームだと一瞬。



そして、対戦相手に困らない!

対戦できるCPUの強さは結構なもの。
それに人数がかなり多いです。




では、ゲームよりもリアルのほうがいい点はなにか。

それはカードを常に最新のものにできること。

発売した時点でのカードしか収録されていないゲームと違って、リアルでは自由に買い揃えられます。

PSPのネット配信で少しだけカードやレギュレーションがダウンロードできますが、それでもリアルに比べると当然及ばず。




しかしそれでも、ゲームでカードゲームはいいものですよ。

DSでも遊戯王のゲームは発売されてますが、収録カード数は1600種類程度。

2400枚以上のPSPとはやはりかなり差があります。



遊戯王やってる人はもちろん、やったことない人にもおすすめですよ!
自分も過去に全くやったことなくて、このゲームやってからはまりました。

ここまでカード種の充実したゲームは早々体験することはできいかとw

夏には、遊戯王タッグフォース2も出て、収録カードがさらに増えまくりなので、楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinity51.blog83.fc2.com/tb.php/111-84129f16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。